読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジティブ物書きの雑記帳

物書き、弥生肇のブログ

ここに始まるは はるかなる戦いの詩 ~ロマサガ2!

スマホPS vitaで、ロマサガ2のちょいリメイク版が発売されました。私は十字キー+ボタンで操作したいのでvita版を選びました。
f:id:yayoihajime:20160327231406j:image
ちなみにvita版はダウンロード版のみでパッケージ版はないのでご注意を。私は最初、Amazonで必死にパッケージ版を探してしまいましたw

背景ガッツリ描き直し、大型敵キャラにアニメーション追加など、ゲームはそのままにお化粧直ししたような印象。ガラケー版時代の追加コンテンツも入ってます。

f:id:yayoihajime:20160327231743j:plain

f:id:yayoihajime:20160327231755j:plainこのオープニング、大好きなんですよね。
知る人ぞ知るロマサガ2のコミカライズ版を読んだことがある人は、吟遊詩人を見ただけでもいろいろ思い出すことがあるのではないでしょうか。

実はロマサガ2は、私が初めてまともにプレイしたRPGでした。それまでRPGドラクエもFFも未プレイで、騎士ガンダム物語系しかやったことなかったんです。あれはもちろん立派なRPGなんですが、個人的にはRPGをやっているというか、騎士ガンダムのストーリーをゲームで追体験しているに過ぎませんでした。

それに比して、オリジナルRPGの没入感と言ったら!
当時11歳だった私は(今の私の年齢を計算しないように)、ロマサガ2に心を奪われ、七英雄のことや次の皇帝は誰にしようかとか、四六時中考えてたものでした。

今になって、数え切れないほどRPGをプレイしてきて思うに、ロマサガ2は他のRPGと比べてもプレーヤーを没入させる仕掛けがたくさん盛り込まれてたと思います。
プレーヤーが特定のキャラクターではなくアバロンを治める代々の皇帝となり、千年以上の時を渡り歩きながら世界を平定していく。なかなか他のゲームにはないスケールを感じられるゲームでした。


というわけで、ちょっとだけ、と思って触ったら時間が飛ぶ飛ぶ……
なんとか運河要塞クリアまでで今は止めてますが。これはクリアするまで寝ずにプレイすることだってできそうな気分です。

f:id:yayoihajime:20160327232909j:plain
プロローグとでも言うべき序盤の、一つの見せ場。
横長対応の描き直された背景が世界観をしっとり作っています。あと、クジンシーが地味にうねうね動くんですよw

ロマサガ2懐かしの方も、未プレイの方も、ぜひ遊んでほしいゲームですね。

www.jp.square-enix.com